1. ガールズチャットを追い求めて   >  
  2. ライブチャットの注意事項

ライブチャットの注意事項

マナーブック

ライブチャットは男性の欲望を解消する事ができるサービスでありますが、そのサービスをしてくれる相手のチャットガールも人間です。そのため、チャットガールにも感情があり、嫌な対応をされたら質のいいサービスをしてくれません。

ライブチャットを楽しむのは良いのですが、自分が楽しむためにもルールを守り使用する事が大切ではないでしょうか?

ライブチャットの注意事項として一番最初にあげられるのは、言葉の使い方です。ライブチャットではチャットガールの顔を見ることはできても、チャットガールから閲覧者の化を見ることはできません。

いわゆる匿名性の原理とう心理が働き、自分がどこの誰だかばれないから、暴言やひどいことを簡単にしてしまうのです。ネットが荒れるのもこの匿名性の原理があるからでありますが、ライブチャットではどうか控えてください。普段おとなしい人でも匿名になれば結構簡単に人が変わってしまうことが良くあります。チャットガールが不快に思う言葉や単語の連打などはやめましょう。

また連絡先を何度も何度しつこく聞かない(出会い系サイトではありません。)迷惑な言動はしないなど、人としてのマナーもしっかり守るようにしましょう。

エロチャット特有の注意事項としては、チャットガールの配信動画入室する際に事前にプロフィールの確認をしておくということです。独自のキャラやコンセプトをもっているチャットガールもいますし、NGや苦手なことなども記載されていることもありますので、事前に確認しておくこともマナーです。

できる限り無言退出もやめるべきです。チャットガールも一生懸命です。一緒にチャットオナニーをした後に無言退出されるとさびしさもあります。お礼や退出します等の言葉を残すようにしましょう。